齊藤プロデューサーが「個人的にオフ会を開

ランシステムが運営している複合カフェ・自遊空間 BIGBOX 高田馬場店において、本日10月11日にスクウェア・エニックスのオンラインRPG『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(以下、ドラゴンクエストX)』のコンセプトルームがオープンした. オープンに合わせて、店舗にてオープニングセレモニーおよびメディア向け内覧会が開催. その様子をお伝えする. 自遊空間 BIGBOX 高田馬場店には、コンセプトルームとして”ドラゴンクエストXルーム”と”スライムルーム”の2つを用意. ドラゴンクエストXルームは、ゲーム内に登場する港町レンドアをイメージして作られており、壁面にはグランドタイタス号が描かれている. ルーム内には『ドラゴンクエストX』が快適に遊べるPCが6台用意され、利用席それぞれの正面には各種族が描かれた窓が設置されている. 人間ドワーフウェディ エルフプクリポオーガ 各スペースに設けられたPCは、随所に『ドラゴンクエストX』らしさが演出されている. ルーム全体に備えられたモンスターたち. この他にも多数のモンスターが隠れている!? コンセプトルームからプレイする初のユーザーとなった齊藤プロデューサー. 椅子の座り心地がよいと太鼓判. 店舗内にもう1部屋あるスライムルームは、ファミリールームスペースとして用意されている. miumiu 財布 室内はその名の通り、スライムをメインのコンセプトとして設計されており、随所にスライムの姿を見ることができる. 2名以上からの予約が可能で、部屋の中には2台のPCが設置されている. なお、『ドラゴンクエストX』がプレイできるノートPCの貸し出しも行っており、最大4名でのプレイが可能とのこと. ファミリールームコーナーに設置されているスライムルーム. ルームの外壁にはスライムの顔がデカデカと描かれている. ソニック ロストワールド』の新アクション ルーム内に入るとそこはスライムやモンスターが散りばめられた空間が. 寝っ転がったりして、落ち着いた環境で『ドラゴンクエストX』がプレイできる. コンセプトルームのオープンにあわせて行われたオープニングセレモニーには、『ドラゴンクエストX』のプロデューサー 齊藤陽介氏と、コンセプトルームの設計などを担当した図書印刷から執行役員の中嶋則雄氏、ランシステム 専務取締役の笠間 匠氏の3人が登場した. 『ドラゴンクエストX』プロデューサーの齊藤陽介氏図書印刷 執行役員の中嶋則雄氏ランシステム 専務取締役の笠間 匠氏 自身も『ドラゴンクエストX』を遊んでいるユーザーの齊藤氏は、「このコンセプトルームの完成を楽しみにしていた」と述べ、「プライベートでもオフ会を開いてみたい」とコンセプトルームの活用についての意欲をのぞかせた. 図書印刷の中嶋氏は、「図書印刷が普段は教科書やコミック、雑誌などを中心に手がけているが、今回『ドラゴンクエスト』の世界を現実に作り上げるお手伝いができたことを嬉しく思う」とコメントした. ランシステムの笠間氏は、複合カフェと呼ばれる同社の自遊空間について、「リアルとオンラインをつなぐコミュニケーションの場として考えている」と述べ、「こうしたバーチャルの世界をリアルに再現するコンセプトルームを設置できたことを感謝しています」と語った.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>