衆院「一票の格差」、2倍超が84区 「違

総務省が7日発表した住民基本台帳人口(今年3月末時点)をもとに、朝日新聞社が衆院の「一票の格差」を試算したところ、格差が2倍を超える選挙区は前年より12多い84選挙区にのぼった. 最大格差は2.442倍から2.482倍に拡大. 「違憲状態」はいっそう広がっている. 「一票の格差」は、選挙区の人口が最も少ない高知3区(24万2976人)を「1」として、人口比を算出した. 優先席で電源オフ、見直しの動き 鉄道各社 最も格差が大きかったのは野田佳彦首相が選出された千葉4区で、2.482倍になった. scarcarhardcu 民主党の城島光力国会対策委員長の神奈川10区(2.423倍)が2位、小宮山洋子厚生労働相の東京6区(2.334倍)が7位、細野豪志環境相の静岡5区(2.330倍)が8位と、野田政権幹部の選挙区は軒並み格差が大きい.

Comments are closed.