真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サス

サイドシナリオ”混浴編”と”みゆきとサトミ編”が配信 チュンソフトより発売中のプレイステーション Vita/プレイステーション3用ソフト『 真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト) 』の追加ダウンロードコンテンツ第1弾の配信が決定. 本日(2011年12月22日)より、PlayStation Storeにて、サイドシナリオ”混浴編”と”みゆきとサトミ編”が配信されることになった. 価格は各400円[税込]. 本作の魅力のひとつであるサイドシナリオ. 本編であるミステリー編の謎をとくと、新たにさまざまなサイドシナリオを楽しむことができるようになる. サイドシナリオは、ミステリー編で見慣れた舞台と登場人物でくり広げられるまったく別の物語で、ジャンルもアクションやSFなど多岐にわたり、シナリオによっては人物設定や役どころがまったく変わってしまうことも. 本作では、より多くのサイドシナリオを楽しめるため、4つのサイドシナリオを追加ダウンロードコンテンツ(以下、追加DLC)として用意. 本日、追加DLC第1弾として、ちょっとエッチなサイドシナリオ「混浴編」と、本作シナリオ監修をされた我孫子武丸氏が執筆したボイスドラマ風サイドシナリオ”みゆきとサトミ編”を配信開始. 追加DLC第2弾は年明け配信を予定しているとのことだ. ※サイドシナリオは、ミステリー編を解決しピンクのしおりを入手後、ミステリー編の中の特定の選択肢を選ぶことで読み始められる. 追加DLC版サイドシナリオも、ミステリー編を解決後から楽しみめるようになる. 【混浴編 】 美肌効果が抜群と噂の、ペンション”ブラウニー”の温泉. その効力にあやかろうと早速お風呂に向かう快人. 脱衣所で服を脱いでいると、棚の奥から物音がする. 音の発信源を突き止めるべく快人は棚の奥へ. しかしその時、突然、脱衣所に新貝沙都美と梅園みゆきが入ってきて… 快人がいることも知らず、服を脱ぎはじめた!? ペンションの浴場で展開する、ちょっとエッチでコミカルなストーリー. 快人が服を脱いでいた脱衣所に、 突然女の子が入ってきた! 焦って棚の奥に隠れる快人. 【みゆきとサトミ編】 『 真かまいたちの夜 』の物語から、3年ほど前の話. 梅園みゆきは看護師になるため、全寮制の看護学校に通いはじめたばかりだった. 寮のルームメイトである新貝沙都美は、けばけばしい格好と無神経な態度で第一印象は最悪. その上、二段ベッドの下段からは、夜な夜な甘いささやき声で誰かと話している声がきこえ、真面目に勉学に励んでいるみゆきには、不快極まりないものだった. 店舗 しかし、期末テストで赤点を取ってしまった沙都美は、留年という危機をまえに、勉強を教えて欲しいとみゆきに泣きついてきて… . 『 かまいたちの夜 』シリーズを通して、すべての作品に携わる我孫子武丸が執筆した、ナースのタマゴコンビの出会いと友情を描いた物語. ※『 みゆきとサトミ編 』は、音声ドラマを楽しむシナリオです. 音声ドラマの合間に、画面に選択肢が表示されます. 任意の選択肢を選んで物語を進めてください. 出会いは最悪. けれどもそののちふたりで遠野を訪れることになる、ナースのタマゴコンビの物語. ボイスドラマの途中で、選択肢が表示される. いずれかを選んで物語を聴き進めていく. “みゆきとサトミ編”は、音声ドラマを楽しむシナリオ. 基本的には画面にシナリオは表示されない. 追加DLC第2弾をちょっとだけ紹介. こちらは”犯人当て-魔女審問編-”. 解決編が配信されるまでの間、問題編のシナリオを元に、プレイヤーが本気の推理に挑戦する、犯人当てサイドシナリオ第2弾. 今度の被害者は快人?! こちらは”超次元探偵O編”. アニメオタクのオーモリが主人公となって活躍(? )する、摩訶不思議なSFミステリー. 【サイドシナリオ”犯人当て―鎌鼬の夜編―”の解決編パスワード】 本日(2011年12月22日)、サイドシナリオ”犯人当て―鎌鼬の夜編―”の解決編も公開. パスワード”p8ts6efrz”を入力するか、PlayStation Storeで無料ダウンロードすることでプレイが可能に. トップメニュー→エクストラ→パスワードと進むと、パスワード入力画面が出てくる. パスワード: p8ts6efrz.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>