化学兵器廃棄に支援を」 シリア駐日代理大

内戦が続くシリアのワリフ・ハラビ駐日代理大使が15日、東京都内のシリア大使館で記者会見した. ハラビ氏は日本や国際社会に対し、化学兵器の廃棄のためアサド政権への財政支援や技術的支援を求めた. ハラビ氏は「我々は化学兵器の廃棄に向けて誠実に行動してきた」と述べた上で「来年の期限までに多くの兵器を廃棄するためにはお金と技術が必要だ. しかし、その両方が足りない」と語り、支援を求めた. smarerflorid miumiu 財布 シリアでは化学兵器禁止機関(OPCW)が査察や廃棄に向けた関係国との調整をしているが、「国際機関よりも、我々シリア政府を直接、支援してほしい. その方がロスがなく目的にお金や物資を回せる」と語った.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>