保安院、日本原電に再調査指示 グッチ 財布東海原発デ

経済産業省原子力安全・保安院は13日、日本原子力発電に対し、廃炉作業中の東海原発(茨城県東海村)の廃炉計画申請書で過去にあったデータ入力ミス問題の再調査を文書で指示した. 同社が再発防止の最終報告を出した後、また誤りが見つかったという. 3月13日までに報告を求める. 日本原電が2006年に申請した内容の誤りが10年にわかり、同社は原因調査と再発防止の最終報告を昨年9月にまとめた. ところが保安院が一部を抜き出して確認したところ、放射性物質などに関する計算データに誤りが多数見つかった. 長き戦いに終止符が! 『MTG』最新セッ ナイキ エアフォース1 共闘甲子園 春のセバーバリー レーベルンバツ大会”の続報が到 同じ放射性物質なのに複数の半減期を記したり、同じコンクリートなのに、密度が違う条件で計算したりしていた.

Comments are closed.