ワイルドアームズ』の新作は? なるけみち

本日1月31日に幕張メッセで開催された”闘会議2015″. イベント内でSCEが配信した番組”SCE JAPANスタジオチャンネル 二日間ぶっ通しで出張生放送! “に『ワイルドアームズ』シリーズの開発を手掛けた本村健太郎さんと音楽を手掛けたなるけみちこさんが出演し、当時の思い出が語られた. なるけさんと金子さんは先輩と後輩の関係 PS『ワイルドアームズ』のオープニングムービーで使用された楽曲『荒野の果てへ』. この曲は、ゲームデザイナーの金子彰史さんから「口笛でマカロニウエスタンをイメージした曲で」という指定を受けて使った曲で、一発でOKが出たそうだ. 金子さんとなるけさんは同一の趣味を持っていたおかげで、”あるロボットアニメのあのシーンで使われた曲”といったイメージを共有しながら楽曲を制作できたという. なるけさんと金子さんは、以前に勤めていた会社で先輩と後輩にあたる間柄(なるけさんが先輩). その会社でもRPGを2本ほど作っており、そのころの積み重ねもあって2人で楽しみながら曲を作っていたそうだ. という、なるけさんのお話だったが、本村さんが金子さんから聞いた話では、『ワイルドアームズ』の楽曲を作る時にはいつもなるけさんとバトルをしていたとのこと. 『WA3』冒頭の音楽はなるけさんこだわりの仕様 手掛けたゲームは発売後に絶対にプレイするというなるけさん. 音楽を作る時には場面が細切れの状態で、ユーザーと同じ気持ちを体験することが難しいため、どのように仕上がったかの確認をする意味も含めてプレイするそうだ. 特に『ワイルドアームズ 2ndイグニッション』のラストバトルに使われた曲は、開発終了間際のギリギリまで調整してできあがったもので、プレイして聴いた時にはグッときたという. 本村さんはPS2用ソフト『ワイルドアームズ アドヴァンスドサード』冒頭のイベントシーンの曲について、なるけさんがものすごくこだわって作っていたエピソードを披露. 通常、ゲームのBGMでは決まったイベントで決まった曲が流れるだけ. しかし『WA3』の冒頭イベントでは、会話メッセージを決定ボタンで送っていくごとに、曲が変わる演出がされている. なるけさんは、1つの曲でもプレイヤーの進行タイミングによって曲調が変わっていく演出は、挑戦してみたかったことの1つだったとコメント. 大成功とは言えなかったというが、悩みながら何度も作り直し、自分の置かれ立場で最大限のことができたこともあって、『WA3』はシリーズの中で一番好きなタイトルになったそうだ. また、初代PSの時には決まった音しか使えなかったところ、PS2でCDと同じような形で楽曲を収録できるようになり、自由度が段違いになったと当時を振り返った. なんでもできることはうれしかったそうだが、それも一瞬のことで、20曲を作曲したあたりで「あと何十曲作ればいいの… 」と新たな悩みのタネにもなったという. 『WA5』ティザーサイト用の幻の楽曲『向かい風の彼方』収録秘話 『ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード』のティザーサイトで流れていた楽曲『向かい風の彼方』. この楽曲は『ワイルドアームズ アルターコード: F』の作業が終わってすぐにとりかかった曲で、「なんでもいいから2分くらいの曲」という指定と、1枚のイラスト資料から作曲したという. ちょうどシーケンサーを新しく入れ替えた時期で、それまではPC-98のソフトを使って作曲をしていたそうだ. 『向かい風の彼方』は、PC-98で一番最後に作った曲. 実際は2分くらいの曲だが、ティザーサイトでは30秒程度しか流れなかったため、どこかで披露したいという思いがあったという. そのことをSCEの方に相談してみたら、OKをもらえたのでアルバム『Feedback』への収録がかなったとのこと. 『世界にひとりぼっち』はアニメ『樫の木モック』のあるシーンをイメージ 作曲時には、金子さんとの打ち合わせやイラスト、世界観などからヒントを得ているそうだが、うまくいかない時には作品とは関係ない自分のイメージを膨らませて作曲しているという. 初代『WA』の名曲『世界にひとりぼっち』は、最初はもっと暗い曲だったそうだが、「これじゃない」とNGになった後、何度シナリオを読み返してもうまく作れなかったそうだ. 番組ではなるけさんの生演奏も! 話題に上った『世界にひとりぼっち』が披露され、番組は途中にもかかわたずエンディングムードに. そんな時、アニメ『樫の木モック』のあるシーンを思い出す. それは、モックが友だちと遊んでいる時に足に火をつけられ、泣きながら水で消火しているシーン. そのシーンを思い出しつつ、記憶があいまいだったために自分なりの妄想で台詞を付け足したりして、『世界にひとりぼっち』が完成したという. ちなみにその時、ニコニコ生放送では”妄想の果てへ”というコメントが流れていた. 『ワイルドアームズ』シリーズはまだ完結していない 番組の最後に、なんと金子さんからの手紙が到着した. シャネル 財布 現在は”歌いながら闘う女の子たちをどうやったらひどい目にあわせられるか、いい大人たちと考えている”とあいさつした後、なるけさんが作曲する、聴いたことがない『ワイルドアームズ』の曲を聴きたくないですか? とファンに質問を投げかける内容に. どんなに小さくなろうとも、『WA』という火を絶やさないために独立し、暗躍し続けたと手紙に記した金子さん. さまざまな事情やスケジュールの関係で実現することは難しいが、チャンスがあるならいつでもスケジュールを調整する、といったメッセージを本村さんに投げかけた. tecacabirch それを受けた本村さんは、新作の話はあちこちでされ、期待もされているとコメント. 金子さんと夜中まで話すことがよくあるそうだが、現段階では実現できていないという. 難しいとは言いつつも「シリーズが完結したと言ったつもりはないので、次の機会を待っていただければと思います」とファンの期待に答えた. なるけさんからも、「新作が出るかどうかはわかりませんが、私は作りたいと思っています」と熱烈なアピールがあり、番組は終了した. 番組の最後には、本村さんとなるけさんのサイン&コメントが書かれた色紙が視聴者プレゼントに. 【注目記事】 ・小林康秀さんが語る『みんゴル』制作秘話. スズキの元ネタやPS4最新作も言及 ・『アーク ザ ラッド』分割の思わぬメリットとは? 伝説の登山ゲー『蒼天の白き神の座』の話も ・『パラッパラッパー』の生みの親・松浦雅也さんが明かす開発秘話 ・作るとしたら次はPS4. 『どこでもいっしょ』生みの親・南治一徳さんがシリーズを振り返る ・『ぼくのなつやすみ3』開発当時は女の子が主人公の”ふゆやすみ”の構想が! ・『XI[sai]』17年ぶりに杉山流が復活. 名作3Dパズルゲーム誕生の裏話 “闘会議2015″開催概要 【開催日】 2015年1月31日~2月1日 【時間】 1月31日 10: 00~18: 00(最終入場17: 30) 2月 1日 10: 00~17: 00(最終入場16: 30) 【会場】 幕張メッセ国際展示場4~7ホール 【入場券】 1日券: 前売1,000円/当日1,500円 通し券: 前売1,500円 優先入場券: 1日券1,200円/通し券1,700円 ツイート “闘会議2015″公式サイトはこちら.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>